あなたは「タイラス・ウォン」という人物をご存知でしょうか。

2018年10月25日、タイラス・ウォンの生誕108周年を記念して、
Googleロゴがタイラス・ウォンの顔写真に変更されていました。

タイラス・ウォンは何をした人物なのでしょうか?何者なのでしょうか?

このブログでは、タイラス・ウォンが気になる方に、
タイラス・ウォンの人物像や職業、偉業などその軌跡、歴史を分かりやすくご紹介していきます。

タイラス・ウォンが気になる方は、ぜひ読み進めていただけたらと思います!



タイラス・ウォンとは誰?プロフィールについて

まず初めに、タイラス・ウォンって誰?何者?とご存知ない方に、
タイラス・ウォンのプロフィールについてご紹介していきます。

タイラス・ウォンの簡単なプロフィールは下記に記載しておきます。

名前:タイラス・ウォン(Tyrus Wong)
職業:美術家、原画家
出身:中華人民共和国 江門市 台山市
生年月日:1910年10月25日
最終学歴:ロサンゼルスの芸術学校

タイラス・ウォンは、106歳という長寿でこの世を去りました。
その死因は実は不明で今も分からないようです。

生誕108周年を迎えたタイラス・ウォン。
タイラス・ウォンの職業を調べてみると、

美術家であり、「原画家」という職業のようです。
原画家とは一体どのような仕事をする職業なのでしょうか。

なかなか聞きなれない職業ですので調べていきたいと思います!



タイラス・ウォンが務めた原画家とは

タイラス・ウォンが務めた原画家という仕事について調べていきたいと思います。

原画家とは簡単に言うと、何か絵や絵画を作る際の元となる「絵」
イラストレーターの一種とも言われており、アニメ制作では欠かせない分野になります。

タイラス・ウォンがこの原画家を務めるようになったのは、
1938年のこと、ロサンゼルスの芸術学校を卒業後に就いた会社で携わるようになりました。

その就職した会社というのがなんと「米ウォルト・ディズニー・スタジオ」!
あの有名なディズニー映画も手掛ける会社に就職することになります。

非常に才能、能力の高い方だったことがうかがえます。
つまり、原画家やアニメーターの中では非常に有名な方だったことかと思います。

しかし、タイラス・ウォンは米ウォルト・ディズニー・スタジオに数年間のみ在籍して、
その後、ワーナー・ブラザーズへ転職。

ワーナー・ブラザーズも超大手会社ですのでやはり才能は秀でていたのでしょう。
そんなタイラス・ウォンの偉業、功績を見ていきたいと思います。



タイラス・ウォンが残した偉業、功績について

タイラス・ウォンが残した偉業、功績について見ていきたいと思います。

タイラス・ウォンが残した偉業で有名、かつ頻繁に登場するのが
名作アニメ映画「バンビ」の原画を担当したこと。

バンビってなんだ?という方にバンビの動画がユーチューブ上にアップされてましたので、
ご覧ください。一度みたら思い出す方も多いかと思います。

ウォルト・ディズニーの大作アニメです。この原画を担当したのが、
タイラス・ウォンですから、ファンの間ではタイラス・ウォンのことを「伝説」とも呼ばれているようです。

106年という生涯で非常に多くの影響を世に与えたことでしょう。
特にアニメ業界、原画という仕事については多くの方々に拘わったことかと思います。

アニメに精通する方であれば一度は「タイラス・ウォン」の名前も聞いたことがあるのではないでしょうか。
アニメ業界に影響を与え続けた、タイラス・ウォンに敬意を表したいと思います。



タイラス・ウォンのネット、ツイッター上での反応

タイラス・ウォンのネット、ツイッター上での反応について見ていきたいと思います。

タイラス・ウォンとは誰?ディズニー映画「バンビ」の原画家をGoogleロゴで祝う まとめ

タイラス・ウォンとは誰?ディズニー映画「バンビ」の原画家をGoogleロゴで祝うについてご紹介してきました。

タイラス・ウォンのプロフィールや原画家としての
偉業や功績をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

米ウォルト・ディズニー・スタジオに務め、「バンビ」という
超大作の原画担当を手掛け、アニメ業界にも大きな影響を与え続けたタイラス・ウォン。

そんな生誕108周年を迎えるタイラス・ウォンに改めて敬意を表したいと思います。