レフ・ランダウ




あなたは「レフ・ランダウ」という人物をご存知でしょうか。

2019年1月22日、レフ・ランダウの生誕111周年を記念して、
Googleロゴがレフ・ランダウの顔写真に変更されていました。

レフ・ランダウは何をした人物なのでしょうか?
Googleロゴには、矢印と円形が描かれています。

このブログでは、レフ・ランダウが気になる方に、
レフ・ランダウのプロフィールや功績、偉業などその軌跡、歴史を分かりやすくご紹介していきます!

レフ・ランダウが気になる方は、ぜひ読み進めていただけたらと思います!



レフ・ランダウとは誰?プロフィールについて

まず初めに、レフ・ランダウって誰?何者?とご存知ない方に、
レフ・ランダウのプロフィールについてご紹介していきます。

レフ・ランダウのプロフィールは下記に記載しておきます。

名前:レフ・ランダウ(Lev Davidovich Landau)
職業:ロシアの理論物理学者、ノーベル物理学賞受賞者
出身:ロシア
年齢:60歳(1968年4月1日没)
出身校:サンクトペテルブルク大学
生年月日:1908年1月22日

ロシアの理論物理学者で出身校は名門「サンクトペテルブルク大学」

ノーベル賞受賞者をロシア最多輩出する国立大学で、
レフ・ランダウもノーベル賞受賞者の一人。

受賞は「ノーベル物理学賞」を1962年に受賞。
学び舎のサンクトペテルブルク大学の場所は以下地図からも確認することができます。

【住所】University Embankment, 7/9, Sankt-Peterburg, ロシア 199034

ノーベル賞を受賞するほど頭脳明晰であることが予想されるレフ・ランダウ。
レフ・ランダウの受賞理由や偉業、功績を調べる前に、

レフ・ランダウはどんな顔をされていたのか。
次に顔画像や写真について見ていきたいと思います。



レフ・ランダウ 顔画像、写真

レフ・ランダウのプロフィールが分かったところで、
レフ・ランダウの顔画像や写真を見ていきたいと思います。

顔は面長ではっきりとした二重。
落ち着いた表情のまさに研究者の顔立ち。

スーツを着て凛々しささえ感じます。
どんな表情を普段されていたのか、までは調べることはできませんが、

冷静沈着でまじめな印象を受けます。
そんなレフ・ランダウはどんな偉業を成し遂げたのか。

そして、ノーベル物理学賞を受賞するほどの
物理の世界、社会的にもどんな大きな影響力があったのでしょうか?

次にレフ・ランダウの偉業や功績についても調べていきたいと思います。



レフ・ランダウ 偉業、功績

レフ・ランダウが残した偉業、功績について調べていきたいと思います。

レフ・ランダウの偉業は多岐にわたり
その中でも「フェルミ液体論」の現象論は有名な提唱で

その後、量子力学に大きく関係する摂動論へと発展されていきます。
レフ・ランダウの功績は世界的にも使用される教科書としても愛用され、

エフゲニー・リフシッツとの共著である「理論物理学教程」は、
多くの国々で訳され使われるようになります。

そのため、物理学者、研究者だけでなく、
レフ・ランダウの名をご存知の方も多いのではないでしょうか。



レフ・ランダウ ノーベル物理学賞の受賞理由

レフ・ランダウのノーベル物理学賞の受賞理由について見ていきたいと思います。

レフ・ランダウが受賞したノーベル物理学賞の受賞理由は、
1962年に受賞した「凝集系の物理、特に液体ヘリウムの理論的研究」

この功績が評価されノーベル物理学賞の受賞となりましたが、
その他にもレフ・ランダウの名前が付く研究成果は多く、

・ランダウ理論
・ランダウ減衰
・GL理論(ギンツブルグ-ランダウ理論)

などが挙げられ物理の教科書でも見たことのある、
理論の名称、数式が思い出されます。

それほど一般的な教科書に載るほど世界的にも影響があり、
新しい発見、素晴らしい功績、偉業であることがうかがえます。

まさに1月はセンター試験の真っただ中。
「ランダウ」も物理の教科書で見かけることが多いのではないでしょうか。



レフ・ランダウ ネット、ツイッター上での反応

レフ・ランダウに対するネット、ツイッター上での反応について見ていきたいと思います。

まとめ

レフ・ランダウについて情報をまとめてきました。

ロシア出身の理論物理学者であり、
名門「サンクトペテルブルク大学」出身者。

多くのノーベル受賞者を輩出する国立大学が学び舎で、
レフ・ランダウ自身もノーベル物理学賞を受賞。

その受賞理由は「凝集系の物理、特に液体ヘリウムの理論的研究」
研究内容の功績は多岐にわたりその理論は教科書に載るほど影響力があります。

関連記事




そんなレフ・ランダウの生誕111周年を記念して、
Googleロゴが変更されていました。改めて敬意を表したいと思います。