クラリッセ ・リスペクトール




あなたは「クラリッセ ・リスペクトール」という人物をご存知でしょうか。

2018年12月10日、クラリッセ ・リスペクトールの生誕98周年を記念して、
Googleロゴがクラリッセ ・リスペクトールの顔写真に変更されていました。

クラリッセ ・リスペクトールは何をした人物なのでしょうか?
Googleロゴには、女性を中心に本が山積みになっていたり、客船、新聞なども描かれています。

このブログでは、クラリッセ ・リスペクトールが気になる方に、
クラリッセ ・リスペクトールのプロフィールや顔画像、小説作品などその軌跡、歴史を分かりやすくご紹介していきます!

クラリッセ ・リスペクトールが気になる方は、ぜひ読み進めていただけたらと思います!



クラリッセ ・リスペクトールとは誰?プロフィールについて

まず初めに、クラリッセ ・リスペクトールって誰?何者?とご存知ない方に、
クラリッセ ・リスペクトールのプロフィールについてご紹介していきます。

リスペクトールのプロフィールを下記に記載しておきます。

名前:クラリッセ・リスペクトール(Clarice Lispector)
職業:ブラジルの小説家、作家
出身:ウクライナ人民共和国 ヴィーンヌィツャ州チェチェリニク
年齢:56歳(1977年12月9日没)
生年月日:1920年12月10日

ブラジルの小説家、作家として活動していたクラリッセリスペクトール。
出身はウクライナですが、活動拠点はブラジルとヨーロッパだったようです。

どのような小説を書かれていたのでしょうか。
そして、社会や世の中へ影響力はどれほどのものだったのでしょうか。

クラリッセ ・リスペクトールのこれまでの軌跡や
小説家としての活動を調べる前に、顔画像や写真を見ていきたいと思います!



クラリッセ ・リスペクトール 顔画像、写真

クラリッセ ・リスペクトールのプロフィールが分かったところで、
クラリッセ ・リスペクトールの顔画像や写真を見ていきたいと思います。

クラリッセ ・リスペクトールの顔画像、写真がこちらになります。

目鼻立ちが非常にはっきりしていて、
まさに外人の顔立ち!女性から見たら羨ましい顔ではないでしょうか。

ぱっちり二重に整えられた眉毛。
女優やモデルでも通りそうな端正な姿で小説家とは考えにくいですね。

クラリッセ ・リスペクトールの顔画像が分かったところで、
次に、小説家としての今までの出版物や小説作品を見ていきたいと思います。



クラリッセ ・リスペクトール 出版物、小説の作品

クラリッセ ・リスペクトールの顔画像、写真も分かったところで、
クラリッセ ・リスペクトールの出版物、小説の作品を見ていきたいと思います。

小説家を目指している方、本が好きな方なら一度は、
リスペクトールの本も読んだことがあるのではないでしょうか。

リスペクトールの小説作品の中でも
有名な作品や代表作などいくつか調べていきたいと思います。



ニア・トゥー・ザ・ワイルド・ハート(Near to the Wild Heart:1943年)

クラリッセ ・リスペクトールが23歳の頃に初めて書いた小説。
記念すべき小説家デビューとなった作品です。

暗闇のりんご(A Maca no Escuro:1961年)

代表作の長編小説の中に「暗闇のりんご」と呼ばれる作品があります。

家族の絆(Lacos de Familia:1960年)

短編小説もクラリッセは書かれています。

クラリッセ ・リスペクトール グラッサ・アラーニャ賞受賞

クラリッセ ・リスペクトールは数々の名作、代表作を世に送り出し、
その小説家として賞賛されグラッサ・アラーニャ賞と呼ばれる賞を受賞するまでに至りました。

このグラッサ・アラーニャ賞の受賞者には他にも
「十字路」と呼ばれる有名な小説を書かれたブラジル出身「エリコ・ヴェリッシモ」も受賞しています。

クラリッセ ・リスペクトールが書いた小説作品は、
賞を受賞するほど世界的にも社会的にも影響が大きかったことがうかがえます。

そして、クラリッセ ・リスペクトールの書いた作品のうち、
1977年の小説「A hora da estrela」が映画化され、ベルリン国際映画祭で銀熊賞女優賞も受賞しています。

女優賞ですので、女優の方の演技や表現力が評価されたことも
考えられますが、原作の小説の内容の素晴らしさにも評価が集まったことでしょう。



まとめ

クラリッセ ・リスペクトールについてご紹介してきました。

ブラジルの小説家、作家として、
様々な小説作品、代表作を世に送り出し、その活動内容が評価され、

「グラッサ・アラーニャ賞」と呼ばれる有名な小説家も受賞するような
素晴らしい賞を受賞されています。

ブラジルだけでなく、世界の多くの人へ、世の中への
クラリッセ ・リスペクトールの小説作品の影響力は大きかったことがうかがえますね。

生誕98周年を記念して、改めて
クラリッセ ・リスペクトールに敬意を表したいと思います。