「ウィリアム・ラムゼイ卿」は、「希ガス」と呼ばれる周期表“18族元素”のネオンNe・アルゴンAr・クリプトンKr・キセノンXnを発見したノーベル化学賞受賞者です。

生年月日が1852年10月2日ですので、本日2019年10月2日(水)に生誕167周年を記念してGoogleのロゴがウィリアム・ラムゼイ卿に変更されています。

このブログではウィリアム・ラムゼイ卿が気になる方
ウィリアム・ラムゼイ卿の顔画像と希ガスやノーベル化学賞についてTwitter上の反応をご紹介していきます。

ウィリアム・ラムゼイ卿のことを初めて知った方も多いかと思います。少しでも当ブログで理解が深まれば幸いです。

ウィリアム・ラムゼイ卿 顔画像、写真

ウィリアム・ラムゼイ卿の顔画像や写真はこちらになります。



ウィリアム・ラムゼイ卿 Twitterの反応

ここではウィリアム・ラムゼイ卿に関するTwitterの反応を調べて行きます。

Twitterで調べるのは以下3つ。
・希ガス(1894年アルゴン発見)
・ノーベル化学賞(希ガス発見の功績)
・レイリー卿(アルゴン発見の功績)

ウィリアム・ラムゼイ卿を語る上で重要な内容です。ぜひ参考にしてみてください。



希ガス

ノーベル化学賞

レイリー卿

まとめ

ウィリアム・ラムゼイ卿についてご紹介してきました。
希ガスを発見した偉大な化学者の一人。ノーベル化学賞も受賞するほどその功績は称えられています。

今回のGoogleロゴの変更でウィリアム・ラムゼイ卿だけでなく化学に対して興味を持たれた方も多いのではないでしょうか。

ウィリアム・ラムゼイ卿について少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい関連記事