「韓国企業トップによるパワハラが発覚!その名前はヤンジンホ会長」

韓国企業トップが元社員にパワハラを行ったとして、
パワハラを行った瞬間の映像が流れるパワハラ騒動ニュースが舞い込んできました。

今回パワハラ騒動を起こしたのが「ヤンジンホ会長」
このニュースを受けてヤンジンホ会長って誰?何者?と思われた方も多いかと思います。

このブログでは、ヤンジンホ会長が気になる方
ヤンジンホ会長のfacebookや顔画像、写真、パワハラ騒動の内容について調べていきます。

ヤンジンホ会長について気になる方は、ぜひブログを読み進めていただけたらと幸いです。



ヤンジンホ会長って誰? プロフィール

まず初めに、ヤンジンホ会長って誰?何者?という方に、
ヤンジンホ会長のプロフィールについてご紹介していきます。

ヤンジンホ会長の簡単なプロフィールは以下の通りになっています。

名前:ヤン・ジンホ
職業:韓国IT企業会長、経営者

韓国では名の通った有名なIT企業の会長、経営者をされるヤンジンホ会長。

ヤンジンホ会長の年齢など詳細は不明ですが、
「会長」という職に就いている以上、それ相応の年齢にはなっていることでしょう。

なぜ、ヤンジンホ会長は元社員へ手を出したのか?
そして、以前からパワハラは起きていたのか?

気になるパワハラ騒動の内容やヤンジンホ会長の企業を調べていきたいと思います。



ヤンジンホ会長の韓国IT企業とは?

ヤンジンホ会長の韓国IT企業について調べてみました。

ヤンジンホが会長を務める韓国IT企業は、
巨大ロボットの開発で韓国では有名な「韓国未来技術」

ヤンジンホ会長は韓国未来技術以外にも
IT関連企業の実質的な所有者であり、その資産も莫大なもの。

IT企業、業界では名も顔も知られた人物と言えるでしょう。
今回のパワハラ騒動を受けて、ヤンジンホ会長は辞職も公開しています。

今後、韓国に限らず会社内でのパワハラ騒動は大きな波紋を呼びそうです。
また新しい情報が入りましたら、このブログでも更新していきたいと思います。



ヤンジンホ会長 フェイスブック

ヤンジンホ会長のフェイスブックについてですが、
ヤンジンホ会長が今回のパワハラ騒動を謝罪する文をフェイスブック上で公開しています。

そのヤンジンホ会長が公開したフェイスブック上の謝罪文が以下になります。

ヤンジンホ会長はどういった人物だったのでしょうか。
ヤンジンホ会長の顔画像、写真についても調べていきたいと思います。



ヤンジンホ会長 顔画像、写真

ヤンジンホ会長のプロフィールが分かったところで、
次にヤンジンホ会長の顔画像、写真をご紹介していきます。

顔写真で見たら穏やかな方に見えますね。
数社のIT企業を手掛け、会長にまでのぼりつめた実力者。

実績だけでなく、社員からの信頼も厚ければ
このような騒動にはならなかったのでは、とも思う場面はありますが、

今回のヤンジンホ会長が起こしたパワハラ騒動の内容はどういったものなのか。
パワハラ騒動の内容についても調べていきたいと思います。

ヤンジンホ会長が起こしたパワハラ騒動の内容

ヤンジンホ会長が起こしたパワハラ騒動の内容についてです。

今回騒動となったヤンジンホ会長のパワハラ騒動の内容は、
元社員に対して、「平手打ち」さらには「土下座」も強要した映像が残っていました。

この平手打ちを加えたり、土下座を強要する以前から、
ヤンジンホ会長は社員に対して、頭髪の色を変えさせる動画、写真も公開されています。

以前からヤンジンホ会長からのパワハラはあった、ということでしょうか。
パワハラは日本でも取り上げられる重大な事柄です。

韓国企業トップのパワハラ騒動が日本にも伝えられ、
企業内で起こるパワハラという問題が、少しでも改善されていくことを願うばかりです。

ヤンジンホ会長に対するネット、ツイッターの評判、反応

ヤンジンホ会長に対するネット、ツイッターの評判、反応について見ていきたいと思います。

今回のヤンジンホ会長のパワハラ騒動に対して、
ひどすぎる、韓国に対するイメージも変化が見られました。

日本企業でも話題になるパワハラ。パワハラはなにも
平手打ちなど叩くだけでなく、臭いのパワハラ、女性に対する言葉のパワハラ、

友人、知人から受けるパワハラなど様々なパワハラが現在広がっています。

今回のパワハラ騒動を受けて、少しでも職場環境の改善、
働きやすさや意識改革に進めば、とも思いました。

ヤンジンホ会長パワハラ騒動情報まとめ

ヤンジンホ会長が起こしたパワハラ騒動情報についてまとめてきました。

問題となったパワハラ騒動の内容は元社員に対しての、
平手打ちや土下座の強要が騒動の内容になっていますが、

以前からパワハラは企業内であったのか、気になる点でもあります。
韓国企業に限らず、日本企業でも起こるパワハラ問題。

様々な問題に対する対策や改善策が施行、実行されることを願うばかりです。