・台風26号2018が発生!最新の進路予想を教えて欲しい!
・台風26号は沖縄に接近する?上陸するならいつ上陸の恐れがある?

2018年10月に入り、またしても台風26号の発生情報が流れてきました!
これで26号目の台風になり、「また台風…」と感じた方も多いのではないでしょうか。

台風発生の情報が入ると真っ先に思い浮かぶのが沖縄へ上陸するのか?
沖縄へ旅行に出かける予定の方は、非常に気になる情報かと思います。

このブログでは、台風26号2018の現在地や今後の進路ルートが気になる方
台風26号2018の最新進路予想についてご紹介していきます!

台風26号の今度の進路が気になる方は、ぜひブログを読み進めていただけたらと幸いです。



台風26号2018の現在地と今後の進路、進行ルート情報

まず初めに、台風26号の今後の進路、進行ルート情報について見ていきたいと思います。

今回で26番目の発生となった台風26号。
台風にはそれぞれ固有の名前が割り振られており、26号目の名前は「イートゥー(Yutu)」

イートゥーとは民話のうさぎという意味で中国が命名した名前になります。
おとぎ話で月にうさぎが登場しますが、何かつながりはあるのでしょうか。

そんな台風26号(イートゥー)の現在地はどこにあるのでしょうか?
台風26号の現在地と各台風情報の進路予想を見ていきたいと思います!



台風26号2018の現在地

まず、台風26号2018の現在地(10月22日現在)についてです。
以下の気象庁が発表する台風情報をご覧ください。

10月22日(月)熱帯低気圧が台風になった26号ですが、
現在はマーシャル諸島に位置しており、最大瞬間風速は25m/s。

進行方向は西北西へ15km/hの速さで進行しています。
勢力としてはまだまだですが、今後勢力を強めて接近する恐れもあります。

それでは、アメリカやヨーロッパ、気象庁の進路予想を見ていきたいと思います!



アメリカ米軍基地向けの進路予想

アメリカ米軍基地向けの進路予想「Joint Typhoon Warning Center (JTWC)」では、
以下の図のように順調に西北西へ進行する予報になっています。

台風26号の進路がが日本へ接近するのか、沖縄へ上陸してしまうのか、
もう少し時間が経過したのちの最新情報で明らかになりそうです。

現時点では日本への接近は見られません。
しかし、油断はできません。いつ接近、上陸警報に切り替わるか分からないからです。

ヨーロッパ中期予報センターの最新情報

次に、ヨーロッパ中期予報センターの最新情報です。
ヨーロッパ中期予報センターによる台風の進路予想では、

同様にマーシャル諸島で発生した台風が西北西を進行し、
沖縄離島に急接近する予報になっています。

現在のところ、日本に猛威を振るう日本縦断を進路とした台風ではなさそうですが、
太平洋側の県や島は引き続き台風対策を取った方がよいでしょう。

前回の台風のように日本を沖縄から北海道まで縦断してしまうかもしれませんので。

気象庁の進路予想

気象庁の台風進路予想はどうなっているでしょうか。

台風発生から5日間の台風の進路を予想した図になります。
引き続き、進路は沖縄を向くルートになっているように見えます。

あと2日~3日経過すれば具体的な台風26号の進路がつかめそうなので、
台風の進路予想の最新情報は、引き続きこのブログでも配信していきます。

台風26号2018はいつ沖縄に接近?上陸の恐れは?

次に、台風26号2018の沖縄への接近、上陸の恐れについて見ていきたいと思います。

台風26号の発生によって最も気になるのが沖縄に接近するのかどうか?ではないでしょうか。
沖縄に住む人もそうですが、沖縄へ観光に出かける予定の方の方が気になるはず。

沖縄へ台風26号が接近する進路モデルも出ているようで、
その動向には目が離せませんが、那覇や石垣島などの離島への上陸は予想されるのか?

沖縄の島の台風26号の上陸や接近の恐れについて調べてみました!



沖縄本島(那覇)への接近、上陸の恐れ

まず、本島の那覇への接近、上陸の恐れについてです。

沖縄への上陸は3日には南の海上に進路予想がだされています。
さらに、8日には沖縄もしくは台湾への進路へ進む予報になっています。

まだ先に進路予想になっていますが、引き続き台風対策はしっかり取りましょう。
また、沖縄へ旅行を計画している方も、台風情報には十分ご注意ください。



石垣島への接近、上陸の恐れ

石垣島への接近、上陸の恐れについてです。

石垣島への正式な公表、台風の恐れはまだ発表されていませんが、
沖縄への接近は各種台風情報にて予想されており、上陸の懸念がささやかれています。

石垣島への台風26号の上陸が発表されましたら、
改めてこのブログでも配信していきたいと思います。

台風への準備のため台風対策だけはしっかり取られるようにしてください。

宮古島への接近、上陸の恐れ

宮古島への接近、上陸の恐れについてです。

台湾から宮古島までは近い距離にある島であるため、
もし台湾の方向に台風が進路をきったら宮古島への影響も出るかもしれません。

10月月末の週末から雲行きは怪しくなるため、
徐々に進路が明らかになる台風26号の最新進路予想を引き続き配信していきたいと思います。

久米島への接近、上陸の恐れ

久米島への接近、上陸の恐れについてです。

久米島は那覇まで飛行機でも30分強でアクセス出来るほど近い離島です。
そのため、沖縄本島に台風26号の上陸情報が流れてきたら、影響の出る島になります。

久米島も観光名所として非常に人気の島。月末に観光で訪れる予定の方は、
台風26号の情報には十分ご注意ください。

台風26号最新進路予想情報 まとめ

台風26号の最新進路予想情報についてご紹介してきました。

台風26号の現在地から日本への上陸、沖縄への接近の恐れはありませんが、
台風26号の進路予想モデルでは沖縄へ接近するモデルも公表されており、

引き続き台風対策が必要になる可能性が高くなってきています。
特に、10月月末、週末は天気も悪くなり、台風の進路も徐々に明らかになるため、

沖縄へ旅行に行かれる方、沖縄から出る方は台風情報にはご注意ください。
このブログでも台風26号の最新進路予想を配信していきますので、ぜひチェックしてみてください。