「ライトプレーンが墜落、航空事故が発生!その原因は場所は?」

熊本県で航空事故が発生したニュースが舞い込んできました。
この航空事故によって、1人の犠牲者も報告されています。

その犠牲者となってしまった名前が「中井忠秀」さん
このニュースを受けて中井忠秀さんって誰?何者?と思われた方も多いかと思います。

このブログでは、中井忠秀さんが気になる方
中井忠秀さんの顔画像やライトプレーン航空事故が起きた原因と場所について調べていきます。

中井忠秀さんについて気になる方は、ぜひブログを読み進めていただけたらと幸いです。



中井忠秀さんって誰? プロフィール

まず初めに、中井忠秀さんって誰?何者?という方に、
中井忠秀さんのプロフィールについてご紹介していきます。

中井忠秀さんのプロフィールは以下の通りになっています。

名前:中井忠秀(なかいただひで)
職業:自営業(不動産業)
住所:大分県別府市
年齢:75歳(2018年11月現在)

不動産業の自営をされていた中井忠秀さん。
75歳となると後期高齢者に当てはまる年齢ですが、

その年齢でも航空事故を起こしたウルトラライトプレーンは操縦してもいいのでしょうか。

ウルトラライトプレーンについての情報も気になるところですが、
中井忠秀さんの顔画像や写真を見ていきたいと思います。



中井忠秀さん 顔画像、写真

中井忠秀さんのプロフィールが分かったところで、
次に中井忠秀さんの顔画像、写真を見ていきたいと思います。

中井忠秀さんは一般の方ですので、
顔画像や写真など詳しい情報は公表されていませんでした。

今回の航空事故の発生原因など捜査が進むにつれて、
詳細な情報は入りましたら、このブログでも更新していきたいと思います。

次からは、今回事故を起こしたウルトラライトプレーンについて、
航空事故の発生原因や場所を調べていきたいと思います。



ウルトラライトプレーンについて

今回墜落し航空事故が発生したウルトラライトプレーンについてですが、

ウルトラライトプレーンは「超軽量動力機」の英語訳で、
その文字通り、非常に小型で軽く1人乗りがほとんどのスカイスポーツ。

飛行機のような国家資格も不要、操縦士ライセンスも不要なので、
国交省から許可を取得することができれば操縦することができるようになる。

操縦の練習は必要なので、ウルトラライトプレーンを扱う、
場所やテスト走行場に足を運んで空の旅を楽しむことができます。

そんなウルトラライトプレーンで墜落事故が発生した場所はどこなのでしょうか。



航空事故が発生した場所

航空事故が発生した場所について調べていきたいと思います。

航空事故が発生した日時は、11月11日午後1時ごろ。
熊本県産山村山鹿の飛行クラブ「フライングハイスカイスポーツクラブ」の訓練場内で事故は発生しました。

フライングハイスカイスポーツクラブの場所は以下地図からも確認することができます。

【場所】〒869-2703, 山鹿 産山村 阿蘇郡 熊本県

山や森に囲まれた自然豊かな場所で、
小型飛行機などの練習には最適な場所かと思います。

近くには電車もなく、バスも通っていないことかと思いますので、
交通手段は車もしくはタクシーといった乗用車がほとんどだと思います。

中井忠秀さんも朝早くにフライングハイスカイスポーツクラブへ向かい、
ウルトラライトプレーンの練習を入念に行う予定だったのでしょうか。

今回、ウルトラライトプレーンの墜落、航空事故が発生した原因についても調べていきたいと思います。

航空事故が起きた原因

航空事故が起きた原因について調べていきます。

航空事故が発生したのが直近の出来事で、
現在も捜査が進められており、詳しい発生原因については公表されていませんでした。

しかし、今回航空事故が発生した日時で天気はどうだったのでしょうか。
飛行機は天候に大きく左右されますので、熊本県阿蘇郡の天気予報は、

航空事故が発生した11月11日は快晴。
雲もそれほど多かったわけでもなく、視界が悪かったのは考えにくいでしょう。

雨が降れば視界も悪くなり、飛行も断念することになるかと思いますが、
晴れで飛行もしていて、その中で事故が発生した、となると

中井忠秀さん自身の身に何か起きたのか、と考えもよぎりますが、
航空事故が発生した原因については詳細が分かりましたらこのブログでも更新していきたいと思います。

ウルトラライトプレーン墜落事故情報 まとめ

ウルトラライトプレーン墜落事故の情報をまとめてきました。

何らかの原因で墜落し中井忠秀さんが犠牲となった今回の航空事故。
事故の発生原因については、現在も調査中かと思いますが、

飛行機などは操縦を一歩間違えれば大きな被害にもつながります。
車でも一緒ですが、今度事故が起きないためにはどうすべきか対策や再発防止策を講じて、

事故が少しでも減る、なくなることを祈るばかりです。