旧閑谷学校 落書き




「国宝・旧閑谷学校講堂に落書き跡を発見!文化財保護法違反の容疑で捜査」

非常に憤りを感じ、悲しささえ感じるニュースが舞い込んできました。
岡山県にある江戸時代前期に開かれたと知れる「旧閑谷学校(しがたに)」の講堂に落書き跡が発見されました。

国宝にも指定される旧閑谷学校に落書きとのことで、
「文化財保護法違反の容疑」で捜査が進められています。

一体誰が、何のために落書きなんて憤りを感じる行為を行ったのでしょうか。

このブログでは、国宝旧閑谷学校講堂への落書きが気になる方
国宝旧閑谷学校講堂に誰が落書きしたのか、容疑の内容、情報について調べていきます。

国宝旧閑谷学校講堂への落書き容疑が気になる方は、ぜひブログを読み進めていただけたらと幸いです。



特別史跡「旧閑谷学校(しがたに)」について

まず初めに、特別史跡旧閑谷学校について見ていきたいと思います。

旧閑谷学校は、300年以上も前、江戸時代前期に岡山藩によって開校された、
庶民のための学校です。その歴史は古く、重要文化財にも指定され、

その後、1953年には旧閑谷学校の講堂が国宝に指定されるほど、
国の重要な文化、歴史を創った建物と言えるでしょう。

その佇まい、造りや表現を一度見ようと多くの観光客が旧閑谷学校へと訪れます。
夏になれば青々として緑葉に囲まれた旧閑谷学校を見ることができ、

旧閑谷学校では秋になるときれいな紅葉も見ることができます。
そのため、多くの観光客も訪れる人気のスポットになっています。

今回、落書きが発見されたのが、2018年10月28日。
つまり、紅葉が見れるシーズンにあたります。

紅葉を見に来た観光客が行った落書き行為なのでしょうか。非常に残念でなりません。
次に、落書き容疑の内容や理由を見ていきたいと思います。



国宝旧閑谷学校講堂への落書き容疑の内容、理由

国宝旧閑谷学校講堂への落書き容疑の内容、理由について調べていきたいと思います。

落書き容疑の内容は、10月28日に国宝・旧閑谷学校講堂の中で
一般公開されている場所で落書きされていることが発見されました。

一般公開された場所ですので、「誰でも」落書きできてしまう状況であったことがうかがえます。
落書きがされていた理由も現在は不明です。

不特定多数の人の仕業であることが予想されますが、
28日は日曜日で紅葉が見れる観光スポットとしても有名な場所です。

旧閑谷学校内に防犯カメラなど映像を残せる対策が施されていたら、
後ほど映像解析から落書きした犯人を見ることができるでしょうが、

もし防犯カメラもなく映像も残っていないとしたら、
落書きの犯人を見つけ出すのは難航しそうな気がしますね…

犯人の手掛かりはないのでしょうか。旧閑谷学校の落書きされた場所を見ると
「名前」らしき落書きがされていたようです。その名前とは?



国宝旧閑谷学校講堂への落書きは誰が行った?

気になるのは国宝旧閑谷学校講堂への落書きは誰が行った?ということですが、

行楽シーズンで観光スポットとしても有名な「旧閑谷学校」
秋になれば紅葉シーズンに入りますので、その観光客の人出も多いことが予想されます。

そんな中で落書きした犯人を捜すとなると…
しかし、落書きされた内容を見てみると実は名前らしく傷が彫られていました。

その名前が「ヒデキ」、「マユミ」、「ひでお」、「ゆうこ」。
男女2人組でしょうか。カップルか、友人同士か、定かではありませんが人の名前であることは予想されます。

どこにでもいそうな名前ですので、これだけでは特定は難しいでしょう。
さらに、落書きした犯人の顔画像や写真もまだ公開はされてはおりません。

今後、捜査が進む中で落書き容疑の進展があるかと思います。

新しい情報が入りましたら、このブログでも更新していきたいと思いますので、
国宝旧閑谷学校講堂への落書き容疑が気になる方は、チェックしてみてください。



特別史跡「旧閑谷学校」が存在する場所、アクセス方法

特別史跡「旧閑谷学校」が存在する場所、アクセス方法について見ていきたいと思います。

旧閑谷学校は、岡山県備前市閑谷の山々に囲まれた自然あふれる場所に建設されています。


【場所】〒705-0036 岡山県備前市閑谷784

旧閑谷学校までのアクセス方法は、最寄り駅がJR山陽本線「吉永駅」
駅から旧閑谷学校まで徒歩約40分かかりますので、車もしくはバスでのアクセスがおすすめです。

バスの運行状況は、本数が非常に少なく乗り遅れたら次のバスまで時間が空いてしまうため、
事前に時刻表は確認した上でいかれたほうがよいでしょう。

旧閑谷学校の中もストリートビューで見ることができますので参考にしてください。

今回の旧閑谷学校講堂落書きの報道を受けて、
ネット、Twitter上ではどのような反応を示しているのか。情報を集めたいと思います。



国宝旧閑谷学校講堂の落書き容疑へのネット、ツイッターの評判、反応

国宝旧閑谷学校講堂の落書き容疑へのネット、ツイッターの評判、反応について見ていきたいと思います。

非常に憤りを感じる方々がほとんどのようです。

旧閑谷学校へ行かれたことがある方も多いかと思いますが、
日本の歴史を刻む素晴らしい建物で落書きなんて幼稚な行為を認めない一方で、

国宝、文化財に指定されるほど大事な建造物、建設物であれば、
一般公開の内部で手を触れさせない、立ち寄らせないなどの手立て、対策は講じられたのでないか、

と意見を述べる方も多く賛否両論広がりそうですね。
この旧閑谷学校講堂落書きニュースについて、新しい情報が入りましたら更新していきたいと思います。

国宝旧閑谷学校講堂の落書き容疑まとめ

国宝旧閑谷学校講堂の落書き容疑についてまとめてきました。

現在、「文化財保護法違反の容疑」で捜査が進められていますが、一体誰が落書きを行ったのか。

落書きに書かれていた名前「ヒデキ」、「マユミ」、「ひでお」、「ゆうこ」が犯人なのか。
現在のところ誰なのか不明ですが、捜査が進む中で犯人も浮かび上がることでしょう。

非常に憤りを感じつつ、国宝を汚す行為は残念でなりません。
国宝旧閑谷学校講堂落書きニュースが新しい情報が入りましたらこのブログでも更新していきます。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。