「ジャカルタ発格安航空会社ライオン・エア(Lion Air)旅客機が墜落!」

格安航空会社のライオンエアが運航する飛行機で
消息、墜落したというニュースが入ってきました。

今回の航空機墜落事故のニュースを受けて、
ライオンエア(LCC)って乗ったことがない、どこの航空会社?と思われた方も多いのではないでしょうか。

このブログでは、ライオンエア(LCC)飛行機墜落事故が気になる方
ライオンエアー(LCC)が運航する旅客機の墜落場所、原因や真相について調べていきます。

ライオンエア(LCC)飛行機墜落事故が気になる方は、ぜひブログを読み進めていただけたらと幸いです。



格安航空会社ライオンエア(Lion Air)について

まず初めに、格安航空会社ライオンエア(Lion Air)について調べていきます。

設立は1999年、格安航空会社としてインドネシアジャカルタを拠点として、
30都市を就航している、国内線ではトップシェアを握る巨大な航空会社。

国外線でも就航があり、シンガポールやクアラルンプール、ペナンなど、
人気の海外都市、なじみのある空港にも就航していることから名の知れた航空会社ではないでしょうか。

聞いたこと、乗ったこともある方は多いかと思いますが、
ライオンエアの飛行機については良いイメージを持たれる方は少ないようです。

早速、墜落報道があったライオンエアの飛行機の墜落場所を調べていきたいと思います。



飛行機が墜落したとみられる場所について

飛行機が墜落したとみられる場所について調べていきます。

今回消息、墜落が報道された機体JT610便(ボーイング737型)は、
スカルノ・ハッタ国際空港を出発して、パンカルピナンに到着する予定でした。

それぞれの空港の場所を地図で見てみたいと思います。

【場所】スカルノ・ハッタ国際空港 インドネシア 〒19120 バンテン Tangerang City

ちなみにスカルノ・ハッタ国際空港には、
日本の吉野家や丸亀製?も進出している場所で、日本人も多いということでしょうか。

インドネシア最大の国際空港がスカルノ・ハッタ国際空港と呼ぶ声もあがり、
その空港内は広くどこへ行けばいいか分からなくなるほどです。

次に、到着予定だったパンカルピナンについて見てみます。

【場所】Depati Amir Airport

パンカルピナンの空港は非常に小さく日本でいう田舎の空港といった場所。

このわずか1時間程度で行き来できる「スカルノ・ハッタ国際空港」「パンカルピナン」
の航空路ルートにて墜落したことが予想されます。



墜落したとみられる飛行機に日本人は搭乗していた?

今回の飛行機墜落事故を受けて、最も気になるのが、
墜落したとみられる飛行機に日本人は搭乗していたのでしょうか?

報道では日本人の搭乗していた情報は入っていない、とあります。

今日にも起きた飛行機墜落事故ですので、新しい情報が入りましたら、
このブログでも更新していきたいと思います。



墜落事故の原因や真相について

墜落事故の原因や真相についてですが、

墜落した飛行機(JT610便、ボーイング737型)は2018年8月に納入された、
比較的新しい機体、であることも報告されており、新旧の問題ではないのかもしれません。

原因も現在捜査が進められているようです。
飛行機墜落の原因についても何か新しい情報が入りましたら更新していきます。



ライオンエア(LCC)飛行機墜落事故 ネット、ツイッターの評判、反応

ライオンエア(LCC)飛行機墜落事故を受けてのネット、ツイッターの評判、反応について見ていきたいと思います。

ライオンエアの飛行機に搭乗した経験がある方も多数いるようです。
もともとインドネシアの飛行機に対してはネガティブな気持ちを持つ方も多かったようです。

今回墜落した機体JT610便(ボーイング737型)の航路ログを調べる人もいますが、
実際、その航路、飛行運転を見てもおかしさ、不思議な点があり恐怖ささえも覚えます。

ライオンエアの飛行機墜落事故まとめ

ライオンエアの飛行機墜落事故についてご紹介してきました。

飛行機事故ほど恐ろしい事故はありません。それは
搭乗人数が多いため、事故が起きてしまうと被害者の数も多いためです。

現在も情報を集めている段階で詳細はまだ不明ですが、
新しい情報が入りましたらこのブログでも更新していきたいと思います。

ライオンエアの飛行機に搭乗する機会がある方、
ジャカルタで空路を活用される方は十分ご注意ください。