「兵庫県加古川市の加古川バイパスで玉突き事故発生!犠牲者は3名の母子」

痛ましく、恐ろしい交通事故が起きてしまいました。
2018年10月25日の午前、兵庫県加古川市平岡町高畑の加古川バイパス上り線にて

車4台が絡む玉突き事故が発生、この交通事故によって母子3名が犠牲となりました。
その犠牲者というのが、衣笠佳奈さん。

そして、衣笠佳奈(かな)さんの子供で娘の咲羽(みう)ちゃん、息子の蓮士(れんと)ちゃんも犠牲となりました。
今回の交通事故によって衣笠佳奈さんって誰?と思われた方も多いかと思いますが、

このブログでは、衣笠佳奈さんや子供たちが気になる方
加古川バイパス事故の画像や映像、事故発生の場所などについて調べていきたいと思います。

今回の交通事故、衣笠佳奈さんについて気になる方は、ぜひブログを読み進めていただけたらと幸いです。



衣笠佳奈さんって誰? プロフィール

衣笠佳奈さんのプロフィールについてご紹介していきます。

衣笠佳奈さんの簡単なプロフィールは以下の通りになっています。

名前:衣笠佳奈
住所:兵庫県姫路市北条梅原町
年齢:32歳(2018年10月現在)

衣笠佳奈さんは芸能人でもなんでもない一般の方ですので、
詳しいプロフィールは公表されていません。

ツイッターやフェイスブックのアカウントも探しましたが、
それらしき人物の情報は探し出すことが出来ませんでしたので、

名前と住所、年齢のみ調べた結果を載せておきます。
まだ若いのに今回の痛ましい事故に遭われ、非常に残念でなりません。

ご冥福をお祈りいたします。



衣笠佳奈さん、咲羽ちゃん、蓮士ちゃん 顔画像、写真

衣笠佳奈さんと子供の咲羽ちゃん、蓮士ちゃんの顔画像、写真を探してみたいと思います。

やはり、先ほどの衣笠佳奈さんのプロフィール同様に、
顔画像や写真は公表されておらず、SNS上でも探し出すことはできませんでした。

今後の事故の原因究明、事故の進展によってはより情報が公開されてくるかと思います。
しかし、衣笠佳奈さんは32歳、咲羽ちゃんは2歳、蓮士ちゃんは3か月と若い…本当に悲しい事故です。

何か進展がありましたら、このブログでも最新情報を更新していきたいと思います。



加古川バイパス事故の悲惨さ、恐ろしさを物語る事故画像

次からは、今回発生した加古川バイパス事故の事故発生直後の様子を見ていきたいと思います。
こちらが加古川バイパス事故の悲惨さ、恐ろしさを物語る事故画像になります。

犠牲となった衣笠佳奈さんが乗っていた乗用車は潰され原形すらとどめていません。
事故当時の恐ろしさやどれだけの破壊力があったのか物語っています。

いとも簡単に車は潰れてしまうのかと思うと運転することさえ恐怖を覚えます。
安全運転で、ドライバーには心掛けて欲しい、悲惨な事故が増えないように。



加古川バイパス事故当時の動画、映像

そして、加古川バイパス事故当時の動画、映像も残されています。

車の破片でしょうか、道路の至る所に散らばっているのが分かります。
この光景からも今回の事故の破壊力、強い衝撃が走っていたことが見ただけでも分かります。



事故が起きた加古川バイパスの場所

改めて事故が起きた加古川バイパスの場所を見ておきたいと思います。
事故が起きたのは、兵庫県加古川市平岡町高畑付近の「加古川バイパス」

その加古川バイパスの場所と言うのが以下地図を参考にしてみてください。

加古川バイパスの場所が分かってもどういった場所なのか、
日ごろから危険な事故が起きやすい場所として地元の人は認識していたのか、

過去にも事故の例はあったのでしょうか。
今回がはじめての事故であれば、事故の原因は別にあるかもしれませんが、

事故が起きやすい場所なのであれば、早急な対策が講じられるべきかと思います。
加古川バイパスについてネット、ツイッターの情報から調べてみたいと思います。

加古川バイパス事故 ネット、ツイッターの反応

加古川バイパス事故を受けてのネット、ツイッターの反応について見ていきたいと思います。

ツイッターの反応を見てみると、加古川バイパスは
車を見失いやすい、やバイパスでありながら高速感覚で運転してしまうなど

何かしたの走行しづらい何かがありそうですね。
今後、事故の原因が徐々に究明されていく中で、今回が起きた原因も分かっていくことかと思います。

加古川バイパス事故 まとめ

加古川バイパス事故についてまとめてきました。

非常に痛ましい、すさまじい事故であったことが
画像や動画、映像を通してみてもすぐに分かりました。

事故に巻き込まれた衣笠佳奈さん、咲羽ちゃん、蓮士ちゃん、
ご冥福をお祈りいたします。

事故の発生した原因については現在捜査中かと思いますが、
今後、同じような悲惨な事故が起きないことを祈るばかりです。