「須佐見憲史近畿大学教授がひき逃げで死亡。犯人は誰?現場の状況は?」

ひき逃げ事件が発生したと情報が入りました。
近畿大学教授の須佐見憲史さんが死亡したとの情報も入っており、

犯人は一体誰なのでしょうか?そして現在の現場の状況は?

このブログでは、須佐見憲史近畿大学教授のひき逃げ事件が気になる方
事件が起きた場所、犯人や現場の状況について見ていきたいと思います!



ひき逃げ事件が起きた場所はどこ?

まず初めに、ひき逃げ事件が起きた場所についてです。

場所は、京都府精華町の国道163号、乾谷西交差点近くの車道で起きたようです。

ひき逃げ事件が起きた時間帯が10月10日の早朝4時に警察へ通報があったのが初動であり、
周りには街灯もなさそうなので、暗かったのではないかと思われます。

今回ひき逃げの犠牲となった須佐見憲史近畿大学教授はどういった方だったのでしょうか。



須佐見憲史(スサミケンジ)近畿大学教授のプロフィール

須佐見憲史近畿大学教授のプロフィールについてです。

近畿大学の教授を務められ、専門は知覚心理学。
年齢は59歳で医療や健康、メンタルヘルスなどの分野を担当されていたようです。

教授まで上りつめられたということは相当に研究者として優秀な方だったのでしょう。
近畿大学の教員情報に以下のようなコメントも記載されていました。

3次元空間や立体映像に対する視覚応答、ニオイを嗅いだ時の感覚応答を研究しています。特に、自分に近づいてくる物体の知覚(奥行き運動知覚)や、ニオイの検出・情報処理過程を調べています。

このような痛ましい事件に巻き込まれ本当に心が痛みます。
一体誰が今回のひき逃げ事件を引き起こしたのでしょうか?犯人は捕まっているのでしょうか?



ひき逃げ事件を起こした犯人は誰?

今回のひき逃げ事件を起こした犯人は誰なのでしょうか。

今回の事件が起きたのが10日早朝で「ひき逃げ」ですので、
現在も犯人は捕まっていないことが予想されます。

どこへ逃走したのか、その行方についても気になるところですが、

今後の進展、情報によって犯人が特定されることでしょう。
ひき逃げ事件について新しい情報が入りましたらこのブログでも更新していきたいと思います。

事件現場の現在の状況

事件現場の現在の状況についてですが、

京都府警木津署が現在ひき逃げ事件として捜査を進めていますので、
現場となった京都府精華町の国道163号、乾谷西交差点近くの車道等を調べていることでしょう。

画像でも分かるように警察によって現場検証が行われています。
本当に痛ましい事件だと思います。犯人が早急に捕まることを願っています。

須佐見憲史近畿大学教授ひき逃げ事件 まとめ

須佐見憲史近畿大学教授ひき逃げ事件についてご紹介してきました。

ひき逃げという痛ましい事件が起きてしまい、
巻き込まれたのが大学の教授ということもあり残念でありません。

早急に犯人が捕まることを願っております。