2017年6月29日、「東京を走らせる力」東京メトロは
2025年度を目途に全駅ホームドアの設置を決定。

安全対策を目的に、全駅にホームドアを設置する決定を発表したのは
各鉄道会社では初めての取り組み。

ホームの転落事故、電車接触事故、など安全対策が求められる中での
計画なだけに注目を集めいている。

この記事では、ホームドア設置計画の概要と
各鉄道会社のホームドア設置進捗、ホームドア以外の安全対策について
ご紹介していきたいと思います。




東京メトロ(東京地下鉄株式会社) 全駅ホームドア設置計画について

全9路線全179駅のホームドア設置計画が決定したと発表
東京メトロには路線が下記一覧の通り走っている。

・銀座線
・丸ノ内線
・日比谷線
・東西線
・千代田線
・有楽町線
・半蔵門線
・南北線
・副都心線

現在までにホームドア設置が完了しているのは、以下4路線。

・丸ノ内線
・有楽町線
・南北線
・副都心線

新たに決まった路線の設置計画は下記の通り。

銀座線

・工事開始:着手済み
・整備完了:2018年度上期
・浅草駅と上野駅(渋谷方面)は整備済み
・渋谷駅と新橋駅(渋谷方面)は大規模改良工事終了後に整備予定

日比谷線

・工事開始:2020年度
・整備完了:2022年度

東西線

・工事開始:2017年度
・整備完了:2025年度(今回決定)

千代田線

・工事開始:2018年度
・整備完了:2019年度(これまでの2020年度から前倒し)
・北綾瀬駅と綾瀬駅(0番線)は整備済み

半蔵門線

・工事開始:2017年度
・整備完了:2023年度

各鉄道会社のホームドア設置進捗について

各鉄道会社のホームドア設置進捗についてみていきたい。




JR東日本(東日本旅客鉄道会社)

JR東日本の東日本旅客鉄道会社では、
現在「山手線」「京浜東北・根岸線」等へのホームドア設置を進めており、

JR東日本は東京メトロと同様に、
駅ホームの安全性向上に向けて、ホームドア設置を積極的に進めている。

現在までに未設置の山手線駅は、
実は新宿や渋谷などの大型ターミナルにおいて未設置となっている。
これらは、2019年度末、もしくは2021年度以降の整備予定とのこと。

京急線(京浜急行電鉄株式会社)

京急線では、2010年に京急線初となるホームドアを羽田空港国際線ターミナル駅に設置。

2016年12月22日のニュースリリースでは、
今後は2020年度までに、京急線主要5駅(京急蒲田駅、京急川崎駅、横浜駅、上大岡駅、羽田空港国内線ターミナル駅)において、
「ホームドア」の設置を計画することを発表。

小田急線(小田急電鉄株式会社)

2016年10月27日のニュースリリースにおいて、
小田急線は、小田急線代々木八幡駅から梅ヶ丘駅までの6駅において、
2020年度までの使用開始を目標にホームドアを設置することを発表。

西武線(西武鉄道株式会社)

池袋駅でホームドアの設置を進めている西武鉄道は、
2017年2月3日のニュースリリースにおいて、
2020年度を目途に、他の主な駅にもホームドアを設置すると発表。

1日あたりの乗降人員が10万人以上、もしくは将来10万人以上になると想定される
練馬・西武新宿・高田馬場・所沢・国分寺の5駅について、
2020年度を目途に、ホームドアの設置を計画するとしている。

JR東日本のホームドア設置の工夫

JR東日本が取り組むホームドアの他にはない取り組みを見てみたい。

従来のホームドア本体費用の半分!軽量化ドア

従来よりも低コストで導入できる新型のホームドアを開発。
従来型の強度と同程度に保ちながら軽量化を図る。
JR町田駅にて試験的に導入され、設備本体の費用を従来の約半分に抑制。

注意喚起を促すCPライン

まだホームドア設置が完了していない駅に対して、
引き続き安全性向上を目的として、CPライン(Color Psychology:色彩心理)と呼ばれる、
人が危険と感じる度合いが高い色彩を用いて、ホーム端部にラインを引くことにより、
視覚的・心理的にホーム端部の危険性に対して注意喚起を行うことを目的とする。

各鉄道会社ホームドア設置 まとめ

東京メトロのホームドア設置を受け、各鉄道会社のホームドア設置状況を
見てみると、安全対策、安全性向上のため、積極的に取り組んでいることが伺えた。

また、ホームドアだけでなく工夫する鉄道会社も垣間見え、
強度は保ちながらも設置費用を抑えることで全駅設置の実現も見えてくるかもしれない。

2020年には東京オリンピックを控えており、電車利用者が増えるのは容易。
未然に事故を防ぐためにも早急な設置対応が引き続き求められる。