夏の大イベント!夏のボーナス!

社会人なら誰もが待ち遠しい夏のボーナスですが、
夏のボーナスの使い道はもう決めてますか?

何も決めておらず毎年全額が飲み代に消える
いつの間にか消費して何を買ったか覚えていない
もっと有意義な使い道を探したい!



夏のボーナスは人によって多額のボーナスが支給されますが、
何の計画もなく、使うのは非常にもったいないです。

この記事では、夏のボーナスの使い道をご紹介しつつ、
使い道に困った方に少しでもお役に立てれば幸いです。

夏のボーナスの使い道① 旅行に行く

夏のボーナスの使い道で定番といえば「旅行に行く」

夏は夏季休暇も取りやすい時期であり、
ボーナスも入って潤沢な資金が得られるため、旅行へ行くのは絶好のタイミングになります。

国内旅行に限らず、海外旅行へも視野に計画を立ててみてはいかがでしょうか。
旅行の計画を立てるだけでも楽しみが増えます。

夏のボーナスの使い道② 家族で旅行に行く

家族持ちの方であれば、なおさら旅行へ行くのはおススメです。

日ごろの感謝の気持ちも込めて、少し遠出すると
きっと家族も喜ぶことでしょう。

夏のボーナスの使い道で「旅行」は鉄板です。
計画を立てるのはまだまだ間に合います。

ぜひ、楽しい旅にしましょう!

夏のボーナスの使い道③ 両親を旅行に連れていく

家族だけでなく、両親も連れて旅行へ行くのもおススメです。

家族持ちではない方なら、両親への日ごろの感謝の気持ちを込めて
旅行をプレゼントするのはとても良い親孝行になります。

両親、家族を連れていけるほどの夏のボーナスが支給されたら、
ぜひ、みんなで旅行へ行くことをおススメします。

夏のボーナスの使い道④ 子供にプレゼントを渡す

子供にプレゼンを渡すというのも夏のボーナスの使い道で
よく使われる内容です。

誕生日、クリスマスなどの大イベントではプレゼントを当然渡すと思います。

それ以外で、サプライズ的な目的でも半期に一度、渡すのも
子供の心を掴むのに効果的な方法です。

子供はプレゼントなら何でも喜びます。
特に大きなプレゼント、これ以上に喜ぶものはありません。

子供との距離をさらに縮めるためにも
事前に気になっているグッズ、商品を聞き出しておいてサプライズを仕掛けましょう。

夏のボーナスの使い道⑤ 記念品を買う



家族持ちの方におススメなのが記念品を買う使い道。

旅行をプレゼントという使い道もありますが、
形残るものも魅力的な使い道の1つです。

相手への記念品も効果的ですが、
2人に渡す記念品が夏のボーナスなど臨時収入時に購入するのが効果的です。

ペアルックや指輪などジュエリー系がよいと思います。

形残るものをプレゼントすれば、
それを見る度に感謝の気持ちを持たれるため、夫婦仲も良くなります。

ぜひ、検討してみてください。

夏のボーナスの使い道⑥ 自分へのご褒美として腕時計を買う

頑張って稼いだボーナスなんだから自分へのご褒美を買いたい!
という方も多くいるかと思います。

その時は、普段買えないような高価な商品を自分へのプレゼントとして購入するのが良いです。
普段買えるものを買っても特別感は全くありません。

敢えて、高価な、なかなか買えないものに絞るべきです。
そこでおススメなのが、「腕時計」です。

営業職の方なら、腕時計はステータスの1つ。
営業先、クライアント先で必ずしている腕時計は見られます。

高級な良い時計をしていたら、「出来る人間」のように思われる傾向があります。
自分へのご褒美は、つまり自分をさらに引き立てる効果があります。

夏のボーナスの使い道⑦ 自分へのご褒美としてバッグを買う

女性の場合、自分へのご褒美は「バッグ」が定番中の定番です。

女性にとってバッグはアクセサリーの1つ。
服装などトータルコーディネートにもバッグは重要なアイテムになります。

そのため、色々なバッグを持っておくことの方が
トータルコーディネートしやすいのは当然です。

さらに、いつも同じようなものをしていては、
周りの、特に女性から見られてしまう時があります。

自分のためにも普段買えないような高価なバッグを買うこともおススメです。

夏のボーナスの使い道⑧ スーツを新調する

営業職の男性は、スーツは必要不可欠な勝負服!

こちらも女性のバッグ同様、何着も持っておかなければ
周りから見られる視線は痛いものです。

やはり、高価なスーツは見た目も引き立ててくれます。
営業職で毎日スーツを着る人は、必須の使い道になるのではないでしょうか。

夏のボーナスの使い道⑨ 普段行かないレストランに行く

節約や我慢など日ごろ抑え気味にしている食事を
夏のボーナスを使って、奮発するのもおススメの使い道です。

日ごろ感謝している妻に対して、サプライズで
お店の予約をしておき、当日誘い出すと喜ばれるのは間違いなしです。

夏のボーナスを使って、
時には、羽目を外していいものを食べるのもおススメです。

夏のボーナスの使い道⑩ 後輩を飲みに連れていく

先輩の行動でよく見かけるのが、夏のボーナスを後輩に使うケース。
後輩思いの先輩であれば、必ずと言っていいほど後輩を飲みにつれていきます。

飲みに連れていくことでチームワークが強まり、
信頼関係、人望も厚くなります。

会社勤めで、社歴の長い正社員であれば、
ぜひ後輩を飲みにつれていく使い道はおススメです。

夏のボーナスの使い道について まとめ

夏のボーナスの使い道についてご紹介してきました。

夏のボーナスの使う目的をまずはっきりさせ、
誰のために?何の目的で?夏のボーナスを使うべきか考えましょう。

家族持ちであれば、夫、妻、子供に対して。
独身であれば、両親、自分、恋人に対して。

様々な理由がある中で、ベストな使い道を探してみてはいかがでしょうか。