夏と言えば「屋外プール」!
夏の暑さに負けじと外で水浴び、スライダー、アクアアトラクションといった屋外レジャーの定番。

しかし、このプールも時代とともに姿を変えつつあるのをご存知でしょうか。

それが現在では、「ナイトプール」と呼ばれるプールが急増中。

この記事では、現在急増中のナイトプールについて
その目的や遊び方、提供施設について解説していきます。



利用者急増中のナイトプールとは

屋外で水のレジャーを楽しむ目的で流行ったプールとは異なり、
日が暮れ始めて営業を開始する「ナイトプール」。

近年、夏の女子会やカップルに人気のレジャーとして定着しつつある「ナイトプール」は
都心の高級ホテルや遊園地などの屋外プールが夜にライトアップされ、
DJがBGMを演出したり、カクテルが楽しめたりと、普段とは違う雰囲気の中で楽しむ
ことが
出来るのが「ナイトプール」である。

ナイトプールと昼間の屋外プールでは目的がそもそも違う

ナイトプールは、従来の昼間屋外プールと異なり、
泳ぐことを目的としていない。

あくまで、夜ライトアップされたムードある中で
音楽やお酒を楽しむことが目的
である。

では、なぜ「ナイトプール」が流行ったのだろうか。

ナイトプールが流行ったきっかけは

ナイトプールの流行りのきっかけは女性利用客の増加である。

女性利用客の増加の背景には、
一つ目に、日焼けしたくない女子が増えた、ことが挙げられる。

昼間の屋外プール、間違いなく焼けます。
日焼け止めを塗っても日焼けるほど日差しが厳しい日があるでしょう。

しかし、夏っぽいことはしたい。
そんな女性のニーズに合致したサービスが「ナイトプール」となる。

二つ目にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用拡大が挙げられる。

ナイトプールのほとんどが、高級ホテルの屋外プールを解放したサービスが多い。
そのため、リゾート感のある写真を撮ってインターネット上に投稿できると、若い女性の間で人気に火がついた。
フォトジェニックなおしゃれな写真を撮りたい女子たちに大人気である。

ナイトプールの遊び方について

ナイトプールは、女子会やカップルに大人気である。
プールサイドには、有名DJも登場するなど蒸し暑い夜も、心地よい夏の夜に音楽で演出してくれる。

さらに、サービスは拡大し、
フレアバーテンディングのパフォーマンスイベントなどで盛り上げることも。

女子会では、SNS投稿目的の自撮り写真撮影が頻繁になされ、
ハッシュタグにも登録されるほど、若い女子今の楽しみ方でる。

ナイトプールを現在展開するホテル、施設

現在話題のナイトプールを展開するホテル、施設についてご紹介していきます。



ホテルニューオータニ(千代田区紀尾井町)

ナイトプール:「THE “O” LOUNGE」
平日料金:2,000円(宿泊者の場合)
     8,000円(外来者の場合)
週末料金:2,000円(宿泊者の場合)
     10,000円(外来者の場合)
期間:2017年7月21日~9月17日
営業時間:18:00~22:00(最終入場21:00)

ハウステンボス

ナイトプール:光のナイトプール
ナイト料金:1,000円
営業時間:イルミネーション点灯後~22:00(最終受付21:00)

グランドニッコー東京 台場

ナイトプール:「グランブルー」
料金:7,128円(入場料込み)
期間:平日限定、2017年7月15日~8月31日
時間:16:00~21:00(最終入場19:30)

グランドプリンスホテル新高輪

ナイトプール:NIGHT POOL & STAY
料金:11,060円
期間:2017年7月28日~9月3日

客層を広げたい高級ホテルや遊園地が、続々とオープンさせている。

今ホットな流行「ナイトプール」 まとめ

ナイトプールの遊び方や流行りのきっかけについてご紹介してきました。

おしゃれで、SNS映りもよく、立地もよい。
トレンド好きな女子にとっては嬉しいサービスである。

流行、トレンドに敏感な女性が流行りのきっかけなのは納得がいきます。
今後もさらにサービスは拡大することも期待されるであろう。

この夏、流行に乗り遅れないように
気になるナイトプールがあったら、ぜひ一度行ってみることをおススメします!