最近、テレビなどでもよく耳にするようになった「婚活」

2010年ごろからブームが到来し、今日では
特集以外でも当たり前のように使われるようになった言葉。

会話の中でも婚活、婚活とよく話に上がりますが、
では実際どれくらいの人が婚活を行っているのか?

ある調査では、6人に1人は婚活を利用したことがあると回答。
そして、婚活で出会った人と結婚した人はなんと4人に1人の割合。
25%の人が婚活で結婚したことになる。

このデータからも婚活は結果を生んでいる。=結婚の最たる方法だと分かる。

では、効率的な婚活スタイルは?

最も効率的なのは、「結婚相談所」である。
なぜかと言うと、婚活サイトや婚活パーティーでは
自ら出向き、自らの力で相手を探す、
コミュニケーションをとっていかなければならない。

それに対して、結婚相談所では、
もちろん行動は必要であるが、基本「仲人」と呼ばれるカウンセラーが
引き合わせを行い、さらに相手を探す方法も現在はすべてシステム化されており、
全国ネットワーク化されたお見合いシステムにより、
自身に合った人を探して、ぽちっとクリック。お見合い成立すれば会える仕組み。

あとは、仲人がセッティングしたお見合いに参加して
気が合えば、デート。そのままゴールインも出来るし、
少し気が合わないと思えば、再度探してお見合いをセッティングすればいい。

気を付けたいのは、相談所に入会したから=結婚できるという幻想に陥ること。
先に述べたとおり、自身で行動しなければ何も変わらない。

最初の初動は踏ん張る必要がある。
自身の結婚である以上は積極的に動く必要がある。

恋人探しなら婚活パーティーがおススメ!

結婚相手はまだ少し早い、恋人を探したいという方におススメなのが
よくバラエティでも見る婚活パーティー。

婚活パーティーにもさまざまな企画が存在するが、
カップリングした場合、まずは連絡先交換、デートを重ね
いいなと思ったら恋人になる。
いきなり結婚はまずあり得ず、恋人からスタートする。

婚活パーティーからデビューした場合、結婚までの道のりは自身の腕次第。

しかし、先に述べたデータでは
4人に1人は婚活で知り合って結婚したというデータが示されている以上、
婚活に参加する以上はみな目的は一緒だということではないだろうか。
つまり、婚活=結婚したい!という目的がある。

婚活に参加すること自体が結婚への近道のように思える。

なかなかいい人が見つからない方も
勇気を持って、一歩前に進むためにも婚活パーティーの世界へ
飛び込んでみてはいかがでしょうか。