「黄色いバス」の愛称で親しまれているはとバス。
東京都をいつも回っている観光案内役。

今まで、バス事故や自然災害の影響でバスツアーを控える動きが
顕著だったはとバスの利用者も最近では、回復の兆しを見せている。

はとバスが発表した2016年度(2016年7月1日~2017年6月30日)の東京観光コース利用人数は、
前年比9.6%増の93万4306人。2016年度は93万人超えとなり、バブル期の1989年度に匹敵する好調ぶりとのこと。

利用人数の内訳は、昼コースが11.5%増の71万8173人、夜コースが14.5%増の11万8630人と、
いずれも2桁増を記録。インバウンド消費を追い風に利用者を増やしたのかと思いきや、

訪日外国人向けコースの利用は5.6%減の8万3879人。
さらに、中国人向けコースが25%減と大きく低下したとのこと。

訪日需要が低下する中、国内需要の回復が顕著に表れ、
全体を牽引したことがうかがえる。

この記事では、はとバスの人気の秘密や
人気のコースなどこれからはとバスを利用を考えている方向けにご紹介していきたいと思います。



東京観光ツアーで人気の「はとバス」とは?

東京都内・神奈川県内を主に扱っている貸切バスツアー会社。
会社名は、株式会社はとバス。

1925年に初めて東京の観光ツアーを開始。
当時は、日比谷公園・銀座通り・愛宕山・明治神宮などを遊覧したとのこと。

その後も拡大を続け、インバウンド消費に沸く訪日向けツアーや
さまざまなツアー企画が出始めた。

はとバスの人気の秘密、魅力とは?

はとバスの人気とは何か。
それは、どんなニーズにも合致したツアー、企画がラインナップされているということ。

例えば、バスツアーで観光巡りをしたいが1人で参加するのは気が引ける。
そんな方向けに1人でも気軽に参加できる「気軽に楽しめるツアー」や

バスガイドが常駐することで、ツアー先の歴史や
ツアーまでのバス車中に飽きさせないさまざまな景色の案内まで
細部まで顧客目線でサービスを展開していること。

ニーズをくみ取った魅力が最大の人気であろう。

はとバスの最近話題、おススメコースとは?

では、コースは何があるのだろうか。

コースは大きく分けて

  • 東京観光
  • 日帰りツアー
  • 宿泊ツアー
  • 外国語ツアー

の4つに区分される。



東京観光から始まり、現在までさまざまなニーズに合わせた
ツアーが展開されている。

外国語ツアーは、東京、横浜の名所ツアー以外にも、
日本が誇る世界遺産「富士山」や温泉地「箱根」などのツアーも取り揃えられており、
ラインナップは多彩である。



最近では、バスの車種も種類が豊富になりつつあり、
はとバスの2階建てオープンバス「オー・ソラ・ミオ」が話題である。

屋根なしのオープンバスで、東京のダイナミックな景観を肉眼で、
肌でしっかり感じることができる仕様である。

様々なバスツアーがある中で、屋根なしのオープンバスはなかなかない。

爽快感とダイナミズムはぴか一である。

また、この夏の時期では、定番の花火観光ツアーがおススメである。
夏の風物詩「花火」の鑑賞はいつみても風情があります。

しかし、見終わった後、帰るのが一苦労・・・そう感じた方は多いのではないでしょうか。
その時、バスツアーなら行きも帰りも目的地へ運んでくれるため非常に楽です。
疲れた身体をバスの中で休めることができます。

黄色いバス「はとバス」 まとめ

はとバスの人気の秘密からおススメコースまでご紹介してきました。

東京観光でどこへ行けばよいか迷った時、
ひとまずはとバスを利用する、という発想もよいと感じました。

また、東京都民であっても知らない東京の魅力を
はとバスを通して、感じることが出来るため、新しい発見があるかもしれません。

土日に日帰りツアーで、少し遠出をしたい時に。
気軽に使えるバスツアーとして、乗車するのもよいかもしれません。

夏の行楽に、バスツアーはいかがでしょうか。