JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)は、2017年7月4日、

「次世代新幹線の実現に向けた開発」を進めるため、
試験車両E956形「ALFA-X」を新造することを発表。

「ALFA-X(アルファエックス)」は、
「Advanced Labs for Frontline Activity in rail eXperimentation」
(最先端の実験を行うための先進的な試験室(車))の略で、2019年春に落成予定とのこと。

日本の鉄道事業、新幹線事業をリードするJR東日本は、
今までの安全性、高速の移動手段の提供に加え、
以下のコンセプトをもとに開発を進めていくことを発表。

・さらなる安全性・安定性の追求
・快適性の追求
・環境性能の追求
・メンテナンスの革新

この記事では、次世代新幹線の試験車両、E956形「ALFA-X」について、
その特徴や最高速度、安全性ならびに快適性を解説していきます。




E956形「ALFA-X」の特徴とは

最大の特徴は、IoT、ビッグデータ、AIなどの情報処理が駆使されること。

そして、それらのビッグデータを用いて、
今までにない新しい価値の提供をコンセプトに車両内の情報・制御ネットワークを強化。

安全性、快適性、高速の移動手段を追求していく。

E956形「ALFA-X」の安全性について

安全性・安定性については、「ひとつ上の「安全」「安定」を実現」をコンセプトに

・地震が起きた際、いち早く止まるための脱線しにくい開発品を搭載
・雪や寒さで着雪しにくい車体構造等の試験を実施

地震、雪や寒暖差による自然災害に強く、
モニタリングを活用した車両状態を自律的に判断することで安全性の向上を目指すとのこと。

E956形「ALFA-X」の快適性について

快適性については、「より多様化するニーズにフレキシブルに対応」をコンセプトに

・揺れないための動揺防止制御装置の搭載
・静かな構造設計にするために吸音性・遮音性の高い車体構造などを採用

ユーザーが家やオフィスのように快適に、「揺れない」「静かな」
車内空間を実現することを目指すとのこと。

E956形「ALFA-X」の最高速度は?

400km/h程度の試験最高速度を目指して開発・試験が進められる。




JR東日本の新幹線の歴史について

1992年から2009年の間に2本の新幹線試験車両が新造されている。

STAR21 新幹線952形・953形電車

製造初年1992年から1998年の試験期間に「STAR21(スター21)」と呼ばれる、
新幹線952形・953形電車が試験運転を行った。

コンセプトは、「極限を追求した軽量化と技術を結集した高速化」

試験最高速度は、425km/hを記録。
東北新幹線仙台駅 ~ 北上駅間で走行試験を開始したとのこと。

FASTECh460 新幹線E954形・E955形電車

2005年に落成し、2009年まで試験走行した「FASTECh460(ファステック 360)」

コンセプトは、「速達性向上、最高水準の信頼性、快適性、環境との調和」

試験最高速度は、398km/hを記録。
東北新幹線の仙台 ~ 北上間などで走行試験が行われた。

JR東日本の試験車両「ALFA-X」 まとめ

次世代新幹線実現に向けた試験車両、E956形「ALFA-X」について解説してきました。

家やオフィスにいるような快適性、自然災害にも強い安全性、
さらに、現在注目を集めるAIやビッグデータといった高速情報処理を駆使した
環境インフラの設計など、最先端の技術が結集。

この実現が可能となれば、今以上にユーザーの満足度は向上するに違いない。
JR東日本ならびに試験車両の今後の動向を注視していきたい。