・運動会で1等賞を狙いたい!
・運動会で恥ずかしくない走りをしたい!
・いつも足が遅いので足が速くなりたい!

足が速くなりたいと思ったことはありませんか?
また、足は早くならないと諦めてはいませんか?

実は、足が早くなる方法は存在します!

このブログでは、足が速くなりたい人のために、足が速くなる方法を伝授していきます。
今まで、足が遅くてバカにしてきた友達をギャフンと言わせてやりましょう!



足が速くなるためにやるべき基本的なこと



まず、最初に足が速くなるためにやるべき基本的なことをご紹介していきます。
基本的なことなのでこれらを意識するだけで、少し足が速くなるかもしれませんので
ぜひ、実践してみてください。

目線は常にゴールを見続ける

まず大事なことは、走っている最中の目線の話です。
走っている最中、まさか真下、靴元を見てはいませんか?

意外に目線が下だったり、余計に上を向いていたりする場合があります。
これ、足を遅らせる原因の1つなんです。

目線が目標(ゴール)に向けられていなければ、
どっちへ走ればいいか分からず、横に逸れて走っていたり、無駄な力を使ったり、
とにかく、万全の状態で走ることが難しくなります。

その結果、足が遅くなる=ゴールまで時間がかかる、ことになります。

これらの足が遅くなる原因を克服するためには、
目線を常に「ゴール」に照準を定めて走ることが大切です。

たった、これだけの方法で足が速くなることがあります。
驚かれるかもしれませんが、それだけ今までの走りに無駄が多かったということ。

ぜひ、実践してみてください。走りの変化に驚かれるかもしれません。

足のリーチを活かした走り方をする

走っている最中の体勢、動作で足のリーチが全く活かされていない走りがあります。

足のリーチが短くなってしまい、足と地面との接触回数が
多くなってしまっている走りは要注意です!

「足のリーチが長い」というのは本来はかけっこや走りにとても有利な体型だと言えます。

ボクシングでも、腕のリーチが長いと相手への打撃も有利になるように、
足のリーチが長いと、それだけゴールまでの距離も短くなります。

足のリーチを活用すること、活用できてない走りになっていたら、
足のリーチを意識した走りに改善するだけで、足は早くなります。

記録を常に測る⇒目標を作る

体育の時間に自分の走りの時間が測られると思います。
時間を測らないまま、ひたすらに走る練習をするのはいいかもしれません。

しかし、これでは一向に伸びるものも伸びません。
走りの記録を測って、今現状の実力値を知り、その記録を常に超えれるように練習を行う。

その記録を超えるためにはどういった練習が必要なのか。
次の記録を作って、その記録を達成できるように練習を行う。

主観な指標ではなく、必ず客観的な指標(記録)を用いて走りを改善していきましょう。

足が速くなるシューズ、道具を準備する

では、次に足が速くなるシューズと道具をご紹介していきます。
少し反則?に思われますが、運動会などに使ってはダメだというルール、規則はないので、
ぜひ、こちらも足を速くする方法として活用ください。

足を速くするシューズ 瞬足シリーズ

数十年以上前に発売され、現在も人気の衰えない人気のシューズ、
それが、この「瞬足」シリーズ。

瞬足が生まれた背景には、子供が運動会などの競技で、
左回りトラックを走っている最中に転倒する子供が多く、
最後まで力一杯走れない悩みを持った子供が多かった
ようです。

そこで、考え出されたアイデアが、今までシューズメーカーでは考えられない
「ソールの左右非対称」でした。

これによって、左回りトラックの走行時、力が分散され、
力を踏み込む場面ではしっかり踏み込まれ、転倒を防止することに成功!

実際、瞬足を履いて走ると結果が変わることに驚いた子供も多かったようです。

ぜひ、瞬足シリーズのシューズを履いてみてはいかがでしょうか。

足を速くするシューズ 瞬足レモンパイ

女の子用のピンクのかわいいデザインの瞬足シリーズも出回っているので
女の子でも、足は速く走りたい!という願いを叶えるために、
かわいいデザインの瞬足を準備してみてはいかがでしょうか。

足を速くする道具 輪ゴムを親指にかけてつま先を上げる



やっている人はほとんどいないかもしれませんが、
輪ゴムを使った足を速くなる方法をご紹介しておきます。

足が速くなる「姿勢」というのが必ずあります。
その姿勢をキープしながら走ったら、速く走れるのは目に見えてますね。

その姿勢というのが、1つにつま先が上がった状態、のようです。
その姿勢を作るのに最適なのが「輪ゴム」ということです。

使い方としては、輪ゴムを足首にかけ、一度ねじって、親指の付け根にひっかけます。

すると、親指つま先が少しあがると思います。
この状態で靴下を履き、靴を履いて走ります。

大切なことは、「つま先を上げて走る」ということ。
これが意識して出来るようになれば、輪ゴムは必要ありません。

運動会で足が速くなる方法 まとめ

運動会で足が速くなる方法をご紹介してきました。

運動会まで時間がまだある場合は、基本的なことを実践してみて
自身のフォームの再確認や時間を測って実力値を見てみてください。

時間がない場合は、瞬足シリーズを購入して練習するのも手です!

少しでも速く走りたい!その気持ちを応援するために、
ぜひ、このブログ記事を役立てていただけると幸いです。