今となってはすっかりなじみのある動画サイト「YouTube」

YouTuberと呼ばれるYouTubeを介して個人動画をアップする人たちも
出始めるほどポピュラーな動画サイトとなりました。

そんなYouTubeに子供向けのYouTube視聴アプリが登場しました。
その名も「YouTube Kids」。

このタイミングで子供向けの視聴アプリを提供した
YouTube Kidsのメリットや仕様などをご紹介したいと思います。




「YouTube Kids」とは?仕様・メリット

簡単に言うと子供のためのYouTube。
そのため、アプリの仕様も子供目線にデザインされている。

・アイコンが大きい、分かりやすい
・音声検索機能を完備
・家族など複数人でも大画面視聴可能

さらに、動画を簡単に検索できるようにカテゴリは
「アニメ・ドラマ」、「おんがく」、「まなぶ」、「はっけん」の4カテゴリのみ。

子供のころから、インターネットという環境に身を起き
プログラムやシステムにも触れる機会がある現代人には向いたアプリのように思います。

この手のネット産業の発展での論点になりやすい部分は、
子供向けの視聴アプリということで
親の知らない間に勝手にアプリを触られてしまう時があるかと思います。

この「YouTube Kids」では、そのような操作を防ぐために、
保護者が、子供の視聴体験を管理する機能も用意しているようだ。

そのうちのタイマー機能と呼ばれる機能があり、動画視聴時間を管理することができる。

さらに、動画視聴の範囲も設定可能。
保護者も安心して子供に提供することができると思われる。

「YouTube Kids」の目的

では、なぜこのタイミングで子供向けの視聴アプリをGoogleが提供することとしたのか。
1つには、最近のYouTubeでは、子供向けの動画コンテンツが急激に伸びており、

コンテンツが増えるということはそこには需要があり、
サービスを提供することでさらに発展的に拡大する可能性を秘めていることがある。

そういった時流の流れに乗って生まれたのが「YouTube Kids」なのかもしれない。

子供向け視聴アプリ「YouTube Kids」 まとめ

仕様やメリットについてご紹介してきました。

アプリの仕様が子供向けであるため、
大人は引き続き「YouTube」動画を視聴することになるだろう。

しかし、子供のころからさまざまなインターネットサービスに触れることで
好奇心は刺激され、視野が広がる可能性を秘めていることは大いにメリットではないだろうか。

今後のサービス拡張に期待したい。